« 2007年11月 | トップページ

2008年2月12日 (火)

超高速通信がやってくる!

「きずな(WINDS)」は、政府IT戦略本部の「e-Japan重点計画」に基づいて研究開発が行われているもので、現在、JAXAと独立行政法人情報通信研究機構との共同で開発が進められ、世界最高水準の高度情報ネットワークの形成を目指しています。2007年度にH-IIAロケットによる打ち上げが予定されています。

将来の情報ネットワークの更なる高速・大容量化を想定し、一般家庭でも超小型アンテナ(CS受信アンテナとほぼ同じ直径45センチ程度)を設置することにより、最大155Mbpsの受信及び6Mbpsの送信を、また企業等においては直径5メートル級のアンテナを設置することにより最大1.2Gbpsの超高速双方向通信の達成を目的としています。

さらに、国内インターネット網の超高速化にあわせた国際的なインターネットアクセスの超高速化、特に我が国と身近なアジア・太平洋地域の諸国との超高速通信の実現も目的としています。

「きずな(WINDS)」は、インターネット、教育、医療、災害対策、ITS(高度道路交通システム)などの各分野における衛星利用を推進する宇宙インフラ構想「i-Space」の中で、大容量データ通信分野の技術実証を担う衛星です。~

つい 先日までは ひかり>ADSL だと 思っていたし 

将来 ひかり に変えるかな~と思って いたが

いよいよ 超高速衛星通信の時代に突入 しそうだ

それも ひかりが まだ ひかれていない 地域でも

超高速通信が 可能 になる らしい

と いうことは

どんな 山奥でも 

海 の上でも

離島 でも

パソコン と モデムとパラボラアンテナが あれば

すごい ことですね

早く 実用化(本年から実験が開始される ようです) してほしいですね

宇宙航空研究開発機構

http://www.jaxa.jp/projects/sat/winds/index_j.html

超高速インターネット衛星-「きずな」

http://www.jaxa.jp/pr/brochure/pdf/04/sat07.pdf

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ